博多一幸舎(いっこうしゃ)

博多一幸舎の博多本場のとんこつラーメンは、職人が丹精込めてこだわりぬいたスープと究極の麺でご提供いたします。

こだわり

/>
</div>
<div class= />
</div>

<div class=  class=

スープへのこだわり

泡・骨身

2つの羽釜で、しっかりと血抜きをした大量の豚の頭・背骨・丸骨を、骨が砕けるまで強火で炊き続け、熟したスープに若いスープと骨を頻繁に入れ替えながら味と旨みを凝縮。クリーミーさと骨の味を最大限に引き出したこの製法で一幸舎のスープは生まれます。

 class= スープから出る豚骨の「匂い(香り)」と、脂と水が 合わさることで出来るきめ細やかな「泡」が、 本物の豚骨スープの証です。


 class=

麺へのこだわり

製麺屋慶史特注麺

「ラーメンの麺まで作ってこそ、本物のラーメン屋」と言う想いの元、2008年に自社製麺工場「製麺屋慶史」を設立。従来のボソボソとした粉っぽいだけの細麺ではなく、細くても小麦本来の香り、モッチリ感も味わえる麺。歯切れ、スープとの相性も考え、若干の平打ちで切り出すことでスープをより持ち上げるように作りました。

>> 製麺屋慶史のホームページはこちら

 class=


 class=

チャーシューへのこだわり

特性大判チャーシュー

赤身と脂身のバランスがよい厳選した肩ロースを使用。
一幸舎秘伝のタレに漬け込み、厚み、大きさ、切り方にもこだわり抜いた特製大判チャーシュー。すべてはラーメンとの相性を一番に重視。

 class=


 class=

タレへのこだわり

一幸舎秘伝のタレ

吉村の祖母の代から使用している醤油を中心に福岡県産の3種類の醤油の5種類の出汁をブレンド。
さらにチャーシューも漬け込み、肉の旨味も加えた、味の奥行き・コク・キレを全面に引き出した一幸舎秘伝のタレ。