本物の博多とんこつラーメンは、
こだわりぬいた職人技から生まれる。

2つの特注巨大羽釜で、丁寧に下処理をした大量の豚の頭骨・背骨・丸骨を、 骨が砕けるまで強火で炊き続け、熟したスープに若いスープと骨を頻繁に入れ替えながら、最高の状態の旨味、甘み、骨の味を引き出す、熟成追い炊き製法で一幸舎のスープは生まれます。 スープから出る豚骨の「匂い(香り)」と、油と水が合わさる事で出来る、きめ細かな「泡」が手作りの証であり、本物の豚骨スープの証です。

本物のとんこつラーメンの味は、
素材とスープとの相性をつきつめる。

「麺も自家製にこだわってこそ本物のラーメン屋」という想いの元、2008年に自社製麺工場「製麺屋慶史」を設立。従来のボソボソとした、粉っぽいだけの細麺ではなく、細くても小麦本来の香り、モッチリ感を味わえる麺となっています。 歯切れ、スープとの相性も考え、若干の平打ちで切り出すことで、スープをより持ち上げるように作りました。 チャーシューには赤身と脂身のバランスがよい、厳選した肩ロースを使用。 一幸舎秘伝のタレに漬け込み、厚み、大きさ、切り方にまでこだわり抜いた特製大判チャーシュー。 すべてはラーメンとの相性を一番に重視しています。

本物のとんこつラーメンは、
歴史ある一幸舎秘伝のタレを使用

吉村の祖母の代から使用している醤油を中心に福岡県産の3種類の醤油の5種類の出汁をブレンド。さらにチャーシューも漬け込み、肉の旨味も加えた、味の奥行き・コク・キレを全面に引き出した一幸舎秘伝のタレをご提供いたします。

博多一幸舎 創業者

吉村 幸助KOSUKE YOSHIMURA

福岡が誇る名物と言えば「博多ラーメン」
この歴史ある博多ラーメンを沢山の人に食べてもらいたい、
世に広めたい、今まで育ててくれた「博多」への恩返しの為に
店主吉村が試行錯誤して完成させた博多一幸舎の豚骨ラーメン。
2004年開業以来、地元博多の人々に支えられながら
今ではアジアを中心とした海外への出店も実現。
「世界中の人々を幸せにする本物の博多とんこつラーメン」を
追求し続けている。

詳細を見る
店主 吉村幸助

博多から世界へ 博多一幸舎

博多一幸舎の国内店舗、国外店舗

詳細を見る

博多一幸舎「最新情報」

博多一幸舎の最新情報をお届けいたします

一覧を見る

博多ラーメンを通じて世界中の人に本物の味を届け続ける